東京港区品川:野菜スープ宅配など従業員の健康づくり・福利厚生サービス

Coolgoo

〒108-0075 東京都港区港南1-9-36アレア品川13階(品川駅徒歩5分)

営業時間
9:00~18:00
 定休日  
電話受付:土曜・日曜

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0120-541-927

お役立ち情報

食後の眠気とうつ病対策に

近年多くのメディアでも取りざたされる血糖値スパイク

::::::::::::::::::::::::::::::
炭水化物など糖質が、急に体の中に取り込まれると
①血糖値が急上昇⤴
②それを抑えるためのインスリンと呼ばれるホルモンが分泌
③血糖値を急降下⤵させてしまい
『低血糖状態』となります
::::::::::::::::::::::::::::::

この『低血糖状態』が原因で食後の眠気が起こります
倦怠感、イライラ、不安なども加え、「うつ病の原因の一つともされています」
(NIKKEI STYLEうつも食べ方が原因だった!?参考)

野菜スープを先に食することにより、
「野菜の豊富な食物繊維」と「お肉や魚の油」が『糖質の吸収を緩やかに』してくれます

血糖値が安定していると精神状態も安定し、やる気や集中力のあるプラスの感情が自然に湧いてきます

肥満の対策に

上記「食後の眠気」で記載しました『低血糖状態』によって
人は空腹を感じます

大盛ご飯を食べたのに、すぐにお腹がすいてパンやお菓子が食べたくなることありませんか?

食べても食べてもすぐにお腹が空いてしまう「低血糖状態」の繰り返しによる

間違った空腹サインが肥満の大きな原因です

野菜スープを先に食することにより、
「野菜の豊富な食物繊維」と「お肉や魚の油」が糖質の吸収を緩やかに「間違った空腹サイン」を抑止します

野菜不足の現状

 H29 厚生労働省 国民健康栄養調査結果をもとに作成

厚労省が定める1日に必要な摂取量350gが不足しているだけでなく、本当に必要な緑黄色野菜は100g以下となっています

大事なのは「種類(緑黄色野菜)」と「(保存や調理)」と「吸収率(組み合わせ)」です

ストレス緩和効果のある自然が少なく、満員電車など過度な緊張が日々重なる都会での生活はビタミンを消費するためより多くの野菜を必要としています

病気・風邪予防に

野菜に含まれる「ファイトケミカル」はすぐれた抗酸化作用を持ち、活性酸素から体を守り「免疫を高めてくれ風邪や生活習慣病予防に効果的です

ビタミン・ミネラル」も病気予防に有用なさまざまな働きがあり
多くの研究で、野菜を多く食べる人は、脳卒中や心臓病、がんにかかる確率が低いという結果が出ています。
厚生労働省 e-ヘルスネット参考

 

なぜ日替わりで8種の野菜スープを毎日届けるのか

なぜ日替わり8種も必要?

栄養素は互いに協力しあって働くため」ビタミン13種ミネラル16種それぞれ過不足なくとることが重要

健康に良いものでも
同じ食材を摂り続けるだけでは過不足が生じます

1食・1日・1週間の栄養トータルバランス』を考えスープをお届け

なぜスープなの?

①スープにすると「生野菜の34」食べることができ、スープに「溶け出した栄養分」も逃さず摂取

②多くの食材を組み合わせることが出来るため「栄養素の吸収率を上げることができます

③味のバリエーションが豊富、美味しく食べやすくて、野菜があまり好きではないという人もスープにすれば食べられるという人が多いです

なぜ毎日とどけるの?

『ストレスによって消費するビタミンB・Cなど』は体内に貯えておけないため毎日補うことが必要

加熱により栄養素が増減する野菜を『鮮度を保つ特別な調理法』で毎日お届け

無料試食にてご体感ください

健康は『日々の習慣』でしか改善することはできません   

長く保管のできる一般の調理済み加工食品は栄養素が低下するだけでなく、
安全に届けるため多くの保存料が必要(厚生労働省e-ヘルスネット参考

        

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-541-927

営業時間:9:00~18:00
定休日:電話受付:土曜・日曜(祝日)

※フォーム問合せは24時間受付中

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-541-927

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。